ベンチャー企業にとってのエンジェル投資家とは

投資 2017/ 05/ 17
 日本の中小企業を取り巻く環境は、廃業率が開業率を上回る逆転状態が長く続いており、新規企業に対して逆風が吹き続けています。 必然的にベンチャー企業の新規上場に関しても、厳しい状況となっています。新たに株式公開を果たした企業の数も激減しています。
 ベンチャー企業の資金調達は、起業家(founder)、親戚(family)、友人(friend)のスリーFが重要となりますが、 その次に銀行とベンターキャピタルというのが、主要な資金源となっています。 ここが、個人投資家が創業段階から支援をしているアメリカとの大きな違いがあるのです。
 ベンチャー企業に対して、投資をするだけでなく、自身の持つ経験や人脈を活かして、経営アドバイスまでをこなすエンジェルと呼ばれる個人投資家が、日本にも少なからず存在しています。

1 融資とエンジェル投資

 エンジェルとは、新しいビジネスを支援する個人投資家です。 元々は、アメリカのブロードウェイのミュージカルを支援するために投資をしたことが始まりだと言われています。
 だんだんシリコンバレーのようなハイテクノロジーエンジェルが増えてきて、ベンチャー企業を支援するエンジェルが出てきたのです。 一般的な投資家は、公開株に対して投資をする人が多いですが、 エンジェルは新しいビジネスにアーリーステージの段階で、投資をすることを主としています。
 銀行は、預金者のお金を預かって融資をするため、融資したお金が確実に帰ってくるかが大きな問題となります。 そのため、担保や保証がない限り融資を受けることができません。
 しかし、エンジェルは、担保や保証がなくても将来性にかけて出資する人たちを募っているのです。 ベンチャー企業で、株式公開まで辿り着くことができる企業は、100社に1社くらいしかないと言われています。
エンジェルから受けた資金は、失敗しても返済しなくてもいいので、失敗を恐れずに新しいことに挑戦することができるのがエンジェルの凄いところでもあります。

2 現代のベンチャー企業

 最近では、ロボットや宇宙などモノづくり系のベンチャーが増えています。 ひと昔前ですと、物凄く資本がかかることでしたが、資金調達がしやすくなって、物作りがやりやすい環境になっています。
 ツールが安くなったことや、資金調達の方法が増えてきた、ということが挙げられますが、中でもネットの威力が強くなったことも大きいと言えます。 販売流通がネットによって革命が起きて、Amazonで販売するなど、世界中をマーケットにして売ることができるようになりました。
 次に、マーケティングの方法が、SNSを使ったりして手軽にファンを作れるようにもなりました。 昔だと、広告費にかなり予算を取られる上に、欲しい人にリーチするのが大変でした。 そして、クラウドファンディングなどの資金調達方法を利用することによって、注文を受けやすくなりました。
 サービスだとかアプリだけだと、インパクトを出すことができませんが、ハードウェアが絡むと破壊力があって、ビジネスモデルも作りやすいため、資金調達もしやすくなります。日本は、元々製造業が強い国ですが、人工知能や脳科学、ゲノムなど人間とか生命とは何かということを掘り下げて、研究成果を活用できればブレークするイノベーティブなベンチャーが出てくるはずです。バイオ、メディカルなどのサイエンスが融合した領域は、これからも注目される分野です。

起業情報ピックアップ

起業に役立つ情報を多数紹介しています。

禁止事項の具体事例

禁止事項の具体事例

投資家が、起業家へ金銭を要求する事案があります。詐欺事件に発展する可能性が高いため、利用者様から報告がありましたら強制的に退会処理をさせていただきます。

起業情報 詳細へ 2019/ 02/ 17 一般

本人確認のお礼企画

本人確認のお礼企画

投資家様、起業家様への本人確認がほぼ完了しました。みなさまご協力いただきましてありがとうございました。お礼企画をはじめます。

起業情報 詳細へ 2019/ 02/ 18 一般

エンジェル投資を受けるメリットとデメリット

エンジェル投資を受けるメリットとデメリット

エンジェル投資を受けるメリットの、自分では用意することができない起業のための資金を得られるということです。

起業情報 詳細へ 2017/ 05/ 17 投資

ベンチャー企業が大きな成功をすることができる社会を作れば経済が活性化する

ベンチャー企業が大きな成功をすることができる社会を作れば経済が活性化する

出た杭を叩くのではなく、育てていく発想を持つことが重要な鍵となります。

起業情報 詳細へ 2018/ 02/ 20 起業

起業家ピックアップ

起業家を多数紹介しています。

Fintech(金融×IT)

Fintech(金融×IT)

東京都 男性 35才

希望投資額 1000万円

弊社は創業から約3年たち、インターン含めて約10名で活動をし…

起業家 詳細へ 2020/ 11/ 26 359 view Good
金融
IT・通信

横浜扶助葬祭

横浜扶助葬祭

神奈川県 男性 44才

希望投資額 1000万円

横浜市の生活保護受給者を対象とした生活保護葬 福祉葬 民…

起業家 詳細へ 2020/ 11/ 23 311 view 0 Good
その他
医療
介護

コーデイ

コーデイ

東京都 男性 27才

希望投資額 600万円

#お洒落さんとシェアしよう〜個人間シェアリングサービス〜 …

起業家 詳細へ 2020/ 11/ 14 35 view 0 Good
IT・通信

収益アップ等を最終目的としたWebコンテンツサービス

収益アップ等を最終目的としたWebコンテンツサービス

千葉県 男性 44才

希望投資額 ~100万円

★★★連絡はbobd-dum@yahoo.co.jpまで★★…

起業家 詳細へ 2020/ 02/ 10 497 view 1 Good
IT・通信